懐かしい 援助交際DVD


出会い系サイトというものに、みなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。
たしかに、「優良サイト」も存在します。低料金で、機能が充実しており、サクラを使わない、利用者のことを第一に考えたようなサイト。こういうのもあるのです。

しかし、一般の方々の大半は、出会い系サイトに対して、それとは逆のイメージを持っていることでしょう。たとえば、料金がとても高い(あるいは悪質な料金システムをとっている)とか、メールや掲示板のデザイン及び機能が「お粗末」であるとか、サクラばかりで会えるわけがないとか。それだけにとどまらず、出会い系サイトを運営するような会社は、架空請求をしたり、迷惑メールを大量に送りつけたりしているのではないか、そのように考える人もいますでしょう。

いま挙げたすべてのことを出会い系サイトの全体像として抱いている方もいるでしょうし、部分的にそう考えているという方もいるでしょうね。ともかく、世の多くの方々は、出会い系サイトによくないイメージを抱いていると思われます。それもそうでしょう、現在運営されている出会い系サイトのおそらく80から90%ほどは「悪質サイト」です、そういったよくないイメージの原因となる話ばかりが出回っても、なんら不思議ではありません。

優良サイトに登録すれば、お金をかけずに女性とほぼ確実に会うことができるのですが、その数が少ないため、どうしても悪質サイトに登録してしまう方が多く、そのためにサクラとか迷惑メールとかいう体験談に溢れ、それが出会い系サイト業界全体のイメージとして定着してしまったのです。

悪質サイトに登録するとどうなるか?

悪質出会い系サイトに登録すると、いったいどうなってしまうのでしょうか。まず、登録と同時に女の子からのメールが届きます。ろくにプロフィール設定も済んでいないのに、「あなたとどうしてもセックスがしたいんです」とか「お金をあげるから私と愛人契約して」とか、熱烈なメッセージが大量に送られてくるのです。

また、料金は自動的に後払いに設定され、なんの警告もなしにポイントがマイナスになり、支払い義務が発生します。出会い系サイト側はそれを通知せず、のちに「遅延損害金」とあわせて多額の請求を(メールで)してきます。

もちろん、そんなものを支払う必要はありません。料金の後払いシステム、それをその利用者の同意を得ずに適用することはそもそも違法なのです。また、遅延損害金についても、きっちり年利が定められています。出会い系サイトは、大概何十万円という額を突きつけてきますが、それもまた違法なことなのです。そういったメールがもしきたら、完全に無視してしまってよいのですが、未だにそのような手口が使われていることから考えると、現在においてもそれに騙される人はいるようです。

まだまだこんなものではなく、悪質出会い系サイトは、あなたの個人情報を架空請求を行っている会社に横流ししたりもします。たとえば、名前、住所、電話番号。もし素直に情報を与えていればの話ですが、クレジットカードのデータも悪用されてしまうかもしれません。出会い系サイトを使おうと思ったら、絶対にクレジットカード支払いにはしないことです。とんでもなく痛い目をみるかもしれません。

リスクゼロ!?SNSの魅力

その点、SNSにはほとんどリスクがありません。もともと金を騙し取るためにつくられたサイトではないですから、「サクラ」を使う必要もなければ、架空請求をするために個人情報をかきあつめる必要もないんですね。それですもの、出会い系サイトよりも安心して利用できるのです。

使い方は簡単です。まず、コミュニティに入るなり、友達検索をしてみるなりして、女の子を探します。日記等に写メをアップしている子も多いですから、そのなかから自分の好みの子を選んで、サイト内のひとつのツールである「ミニメール」を送って、コンタクトをとってみればいいのです。

そうして返信がきたら、出会い系サイトのときと同じように、普通に会話し、頃合を見計らって、メールアドレスの交換や、デートを持ちかければいいのです。もちろんSNSは大抵無料で使うことができますから、ポイントの減り具合や財布の中身を気にする必要もありません。

女の子たちのほとんどは、出会いを目的に登録しているわけではないため、会うところまで簡単に行けるかどうかはわかりません。そこはあなた自身の外見だとか、裕福度が関わってくる場面です。しかしながら、SNSはそのサイトが存続しているうちは無料で使えますから、長い目でみれば、どんな男性にもチャンスはめぐってくるといえましょう。

ただひとつ、肝心なのは、あなたが強い意志をもって女の子を口説けるか、ということでしょう。振られることのほうが絶対に多いですから、それでも折れずに女の子探しを続けていける屈強な心が必要です。

ペナルティについて

SNSは、出会い系サイトではありませんから、メールアドレスの交換や、出会いを目的とする発言は基本的に禁止とされています。私の友達は、もともとメールアドレスを知っている仲の良い女性(リア友)とミニメールをしているときに「そろそろミニメじゃなくて、直メにかえよっか」と言っただけでペナルティを食らわされました。そこからも、出会いを助長する発言に対して、運営がどれだけ厳しく目を光らせているかがおわかりいただけるでしょう。

ペナルティの種類は、「利用停止」と、「強制退会」のふたつです。前者は、一定期間サイト内のすべてのコンテンツが使えなくなるというもので、後者は、強制的にサイトを退会させられ、その後の登録ができなくなるというものです。いわばイエローカードとレッドカードみたいなものですね。

女性がいなきゃ成立しない!女の子のためのセフレSNS講座!

セフレSNSというと、飢えた男たちが集まり、小数の女の子を取り合ってなんとかセックスに漕ぎつけようと奮闘するサイトのようなイメージがありますが、男女がいなければ男女関係というのは成立しないわけで、つまり、当然のことながら、セフレSNSは何も男性だけのものではありません。女の子だって、使っていいんです。

たしかに女の子がセックスフレンドを募集するというのは、社会のイメージ的にもよろしくないところはあるかもしれません。ですが、そんなものは気にしなくともよいのです。性欲とは、人間の基本的欲求のうちのひとつで、男性も、もちろん女性も、それが満たされなければ不満を感じてしかるべきものなのです。

恥ずかしいことはありません。どんどんセフレSNSを使っていきましょう。

セフレSNSは女性こそ使うべき!

セフレSNSや出会い系サイトは、なんだか怖い、手を出せない。そういう女性は多いのではなかろうかと思います。しかし、実はこのセフレSNS、女性こそ使っていくべきものなのです。

まず、男性は違いますが、女性は、どこのサイトに行っても基本的に無料です。お金は男性が払うので、女性は無料でサイトを利用できるんですね。これはお得です。仕事から帰ったら、授業の合間に、お風呂上りに、お休みの日に、無料で、自分の好みの男の子を探せるんです。

また、あなたは、セフレSNSに登録すれば、まるで女神のようにもてはやされます。なにせ、女性の数が少ないので、男性からすれば、「会ってくれる女性」は本当に救世主のようなものなのです。怖い目に遭うことなどまず考えられません。

掲示板に書き込んだり、日記を書いたりするだけで、男性からメールが何通も何通も届きますし、こっちからメールなんてしてみた日には、相手は舞い上がってすぐに返信をよこすでしょう。あなたはセフレSNSは絶対的な権力者で、人を選ぶことを許された神のようなもの。あなたがひとこと「会おう」と言えば、無数に男性が群がってくるのです。街に出てナンパを待ったり、職場や学校の男の子からの誘いを待ったりするより、よっぽど効率がいいですよ。

確実に、募集をかけたその日のうちに、会って、エッチできちゃいますから。しかも、デート費用は向こうもちです。

注意すべきこと

しかし注意していただきたいのは、男性は、サクラというものをひどく恐れているということです。サクラとは、運営会社に雇われたアルバイトスタッフで、男性に、女性のふりをしてメールして、お金を使わせるんですね。

ですから、そのサクラと間違われないように、「過激で変態的な発言はしない」、「メールはちょっと間を置いて返す」、「メールアドレスの交換はすぐにでもしてあげる」、「ことあるごとに〝仲良くなってからね〟と言わない」、以上のことに気をつけましょう。